ビール大手企業がバイオ燃料開発を進めている

アサヒ、キリン、サッポロといったビールの大手企業が、バイオ燃料の開発を進めているとのこと。

アサヒビールとバイオエタノール

スポンサード リンク

ビール大手企業の一つ・アサヒビールの「アサヒビール(株)技術開発研究所」は、九州沖縄農業研究センターと協力して、沖縄で多収穫(高バイオマス)サトウキビを原料としたバイオエタノール製造に、2006年から取り組んでいるとのこと。

多収穫(高バイオマス)サトウキビの場合、バイオエタノールの原料となる絞りかすが、普通のサトウキビの3倍ほど出るため、コスト競争力が高いとのことです。

アサヒビールと九州沖縄農業研究センターは、平成14年(2002年)から、サトウキビを原料とするバイオエタノール製造の共同研究を行ってきたとのこと。

現在両者は、サトウキビ栽培からはじまり、最終的にE3ガソリンとして自動車に利用するまでを、一貫して実地で行うという実証試験を行っているそうです。


(参考)
・北海道新聞2008年7月10日朝刊11面
・サトウキビ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%B3
・バイオマスエタノール - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB
・アサヒビール | ニュースリリース2006 | 0131
 http://www.asahibeer.co.jp/news/2006/0131.html


キリンビールとバイオエタノール

スポンサード リンク

キリンビールは2007年6月19日、三菱商事・日本化学機械製造と共同で、北海道の十勝管内清水町に作られる予定の、バイオエタノール製造プラントを受注したそうです。

このプラントは、JA北海道中央会やホクレン農業協同組合連合会などが取り組む、北海道十勝地区における「燃料用バイオエタノール製造プロジェクト」の製造施設。

建設場所はホクレンの清水製糖工場(北海道上川郡清水町)構内で、この施設でのバイオエタノールの生産規模は、年間1.5万キロリットル規模とのことです。

この製造施設では、バイオエタノールの原料として、

・規格外小麦
・ビート(てんさい)

を用いるとのこと。

プラントの稼働開始予定は、2009年3月とのことです。

プラント製造においては、三菱商事を中心として3社でコンソーシアムを構成。

キリンビールは、自社が培ってきた「発酵およびバイオ技術」に基づくプラント設計・建設技術を提供。
また、主にバイオエタノール製造での、発酵部門のプラント開発を行うとのことです。

具体的な取り組みとして、茨城県にある同社の取手工場に、清水町に作るプラントの1/1000の実験施設を設置。

この施設で、北海道から調達した原料を用いた、バイオエタノールの効率的な製造方法を研究しているとのことです。

日本化学機械製造は、蒸溜設備に関する技術を提供するそうです。


(参考)
・北海道新聞2008年7月10日朝刊11面
KIRIN_ニュースリリース_2007.6.19_北海道十勝地区におけるバイオエタノール大型実証モデルプロジェクトへの参画について
 http://www.kirin.co.jp/company/news/08/070619_1.html


サッポロビールとバイオエタノール

スポンサード リンク

サッポロビールはバイオ燃料に関して、複数の取り組みを行っています。

まず、じゃがいもの皮と豆腐を作った後にのこる「おから」からバイオエタノールを製造するプラントを、静岡県の廃棄物処理企業に提供しているとのこと。
(提供先企業は、恐らく「静岡油化工業」だと思われます[1]。)

この製造プラントでは、おから400kgとじゃがいもの皮1トンから、350リットルのバイオエタノールが製造できるそうです。

提供先の企業では、6月から、実際に自動車での走行試験を開始しているとのことです。

他にサッポロビールは、下記のような取り組みを行っています。

・同社の恵庭工場で、大成建設と共同で、稲わらからバイオエタノールを製造する実験に取り組む予定。
・廃糖蜜(モラセス)やサトウキビの絞りかすからバイオエタノールを製造する技術の、タイへの技術移転に参加。
・パンの製造過程で出る副産物に、特殊な菌を付着させて水素を精製させ、燃料電池として使う実験を、広島大学と共同で開始。
(廃棄されるパンから、燃料電池用の水素を生成する技術も、2004年に開発しているそうです[2]。)


(参考)
・北海道新聞2008年7月10日朝刊11面
・サッポロビール/エタノール事業
 http://www.sapporobeer.jp/kenkyu/plants/ethanol.html
・[1]間伐材木工「FOREST工房」: 燃料はおから ジャガイモの皮
 http://blogs.dion.ne.jp/forestblog/archives/7294752.html
・[2]廃棄するパンから燃料電池用水素を生成、サッポロ/島津/広島大 - ニュース - nikkei BPnet
 http://www.nikkeibp.co.jp/archives/336/336291.html


関連ページ


科学・技術に関する覚え書き > ビール大手企業がバイオ燃料開発を進めている