科学・技術の覚え書き > ホタテのウロで貴金属を回収

ホタテのウロで貴金属を回収

北海道立工業試験場が、
ホタテのウロ(中腸腺)が、
金・プラチナ・パラジウムを
吸着する性質を持つことを確認したとのこと。

ホタテのウロが貴金属を吸着

(スポンサード リンク)

北海道立工業試験場が、下記の内容の実験を行い、ホタテのウロ中腸腺)が、貴金属3種(プラチナパラジウム)を吸着する性質を持つことを確認したとのことです。[1][2]

  1. 電子基板(携帯電話・パソコンから取り出したもの)を、王水(濃塩酸と濃硝酸の混合液)に入れ、電子基板が含む金属をイオン化し溶解させる。
    (これにより、基板の金属の大半が溶解する)
  2. 金属イオンが溶けた王水を、ホタテのウロ(※加熱し、そぼろ状にしたもの)を詰めたガラス管に流し込む。
    すると、金・プラチナ・パラジウムの3種の金属のみがウロに吸着される。
  3. 貴金属を吸着したウロを取り出して燃やすと、貴金属を取り出すことができる。

そして新聞記事[1][2]では、この方法を用いた実験による貴金属の回収量・回収率として、下記の内容・数字が紹介されています。

  • テレビのリモコンの基板1kgから、金・パラジウムを計130mg採取できた。
  • 電子基板などでの使用頻度が高い金属12種を溶かした王水を用い、この方法による回収率を調べたところ、
    • 金:99.7
    • プラチナ:76.0
    • パラジウム:95.7
    との結果が得られた。

(参考資料)

[1]ホタテのウロ 貴金属吸着 金など3種、道工試が特性確認 携帯などから効率回収 廃棄物の活用にも期待
(北海道新聞2011年1月5日(水)朝刊2面)
[2]ホタテのウロが貴金属吸着 金など3種、道工試が特性確認−北海道新聞[自然・科学]
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/267119.html
[3]北海道立総合研究機構 総合試験場
http://www.iri.hro.or.jp/
[4]ホタテガイ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%AC%E3%82%A4
[5]中腸腺 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%85%B8%E8%85%BA
[6]王水 - Wikipedia

3種の金属だけを吸着する理由はまだ不明

(スポンサード リンク)

ホタテのウロ(中腸腺)が、金属の中から金・プラチナ・パラジウムのみを吸着する理由は、現在はまだ判明していないとのこと。

ただ、何らかの化学的な作用が働いていると考えられており、新聞記事[1]では、北海道立工業試験場の研究員の方の、

・「3種の金属を何らかの理由で引き付ける分子がウロの中に含まれている」

とのコメントが紹介されています。


(参考資料)

[1]ホタテのウロ 貴金属吸着 金など3種、道工試が特性確認 携帯などから効率回収 廃棄物の活用にも期待
(北海道新聞2011年1月5日(水)朝刊2面)
[2]ホタテガイ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%AC%E3%82%A4
[3]中腸腺 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%85%B8%E8%85%BA

実用化への期待

(スポンサード リンク)

新聞記事[1]では、金・プラチナ・パラジウムの市場価格として、下記の数字が挙げられています。

  • 金:4,000円/g前後
  • プラチナ:4,500〜4,800円/g
  • パラジウム:約2,000円/g

このようにこれらの金属は高価ですが、現在のところ、使用済みの携帯電話・パソコンからの回収方法として、

  • 手作業により、基板のメッキを剥がす
  • 全体を燃やし、その燃え残りを本州の精錬所に輸送し、貴金属を回収する

との方法があるものの、回収率やコスト面などで課題が有るとのことです。

この点で、ホタテのウロによる回収方法は、

  • 回収コストの低減
  • ホタテのウロの有効利用
    (北海道では年間2万5,000t発生している)

につながる可能性が期待されており、研究に取組んでいる北海道立工業試験場では、今後、

  • 装置の大型化による実用化
  • 酸性廃液(重金属を含む)の処理方法

等を検討していく方針とのことです。

(※ホタテの中腸腺には、重金属(主にカドミウム)や砒素を大量に含有する場合が認められている[5][6])


(参考資料)

[1]ホタテのウロ 貴金属吸着 金など3種、道工試が特性確認 携帯などから効率回収 廃棄物の活用にも期待
(北海道新聞2011年1月5日(水)朝刊2面)
[2]金 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91
[3]白金 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A
[4]パラジウム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0
[5]ホタテガイ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%AC%E3%82%A4
[6]中腸腺 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%85%B8%E8%85%BA

関連ページ


科学・技術の覚え書き > ホタテのウロで貴金属を回収