日本国内で最大規模のナマコ養殖

三重県の企業が、
国内で最大規模となる
稚ナマコ養殖に成功したとのこと。

三重県の企業が国内最大規模のナマコ養殖に成功

スポンサード リンク

2008年、三重県の食品製造会社「ヤマモリ」が、日本国内では最大規模の稚ナマコ養殖に成功したとのことです[1][2]。

同社は2007年、中国の大連市に現地法人を設立し、レトルト食品や醤油を輸出・販売してきたとのこと。

その中で、中国で乾燥ナマコの需要が大きいことに着目して、日本でのナマコ養殖に取り組み始めたそうです。

ヤマモリは、中国のなまこ専門家と共に合弁会社「順天」を設立[2]し、地元漁協などの協力を得たり、中国から招いた養殖技術者からノウハウ(水温の制御、菌の処理など)を学んだことで、年産規模20万匹程度(※2008年8月時点)の稚ナマコ養殖に成功しているそうです。

独立行政法人「水酸総合研究センター」によれば、これまでの国内最大規模のナマコ養殖は、岩手県での産官共同の養殖事業で、年間数万匹の規模とのことです。

ヤマモリでは更に、養殖規模を

・2009年度:5,000万匹
・5年後:1億匹

まで拡大し、中国に輸出していく予定だそうです。


(参考)
・[1]北海道新聞2008年8月20日(水)朝刊11面記事「ナマコ最大規模の養殖 三重 中国への輸出狙う」
・[2]ヤマモリ、ナマコの種苗量産化に成功 国内最大規模で養殖事業参入(食の情報源−日本食糧新聞社−)
 http://news.nissyoku.co.jp/Contents.aspx?pid=urn%3Anewsml%3Anissyoku.co.jp
 %3A20080813%3AYOKOYAMA20080811042943649%3A1
・水産経済新聞2008年8月
 http://www.suikei.co.jp/newsfile/2008/200808.htm
・「いい味!ヤマモリ♪」のホームページへようこそ!
 http://www.yamamori.co.jp/
・独立行政法人 水産総合研究センター
 http://www.fra.affrc.go.jp/


中国で高い日本産ナマコの需要

スポンサード リンク

中国では、乾燥ナマコは高級食材として人気が高いとのこと。

中でも、日本産のナマコは最高級品として扱われており、2007年の日本の乾燥ナマコ輸出額は166億円(3年前の約3倍)まで拡大[2]。

中国では、1kgあたり10万円以上の価格で取引されることもあるそうです[1]。

その一方で、ナマコの養殖に関しては、日本国内ではあまり進められておらず、三重県の企業「ヤマモリ」が大規模養殖(年産20万匹規模)に成功するまでは、岩手県での養殖事業(年間数万匹規模)が最大規模だったようです。

ちなみに現在のところ、日本のなまこの主産地は、北海道や青森県とのことです[2]。


(参考)
・[1]北海道新聞2008年8月20日(水)朝刊11面記事「ナマコ最大規模の養殖 三重 中国への輸出狙う」
・[2]産学研究ナマコ養殖 大船渡の北里大と県内2社
 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20080829_16


科学・技術に関する覚え書き > 日本国内で最大規模のナマコ養殖